shadow

千頭和 重基

私の仕事

 主な活動は医療施設及び福祉施設(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・有料老人ホーム等)への営業を行っております。営業内容は新設案件へのベッド・家具の受注活動、また既存施設への入れ替え促進となっており、病院・施設へ単純にベッドを売りに行くだけではなく、設計会社やコンサルティング会社、商社・医療機器店といった得意先様に対しても、メーカープレゼン、商品PR等の営業活動を行っております。中でも新設案件は長期の営業活動となり、長いものでは1年以上を要する案件もあり息の長い営業を行っています。具体的な営業方法は、カタログでの商品説明はもちろん、病院・施設様のニーズ・インテリアコンセプト等のヒアリングを行い、プレゼンや医療・看護現場での商品説明会/デモ等の商談を行い、時には開発部隊、工場と打ち合わせを行いながら病院・施設様オリジナルベッドの提案を行っております。

一番嬉しかった事

 一番の喜びは長い間営業を行った結果が数字に結びついた時であり、それは『いかにそれまでの過程が困難だったか?』『他社との激しい戦いだったか?』に比例します。また計画初期から携わる事も多い為、自分が提案した看護・介護の方向性やインテリアがそのまま病院・施設に取り入れられる事も嬉しい結果であったりもします。これらの嬉しい結果に至るまでは、上司や関連各部署との協力なくしてはありえません。皆で味わう美酒は格別です。

一番つらかった事

 病院・施設様の考え、業界内での強力なライバル会社との激しい競争もあり、こちらの思うように進める事は困難であり、言われた事をそのまま受けるのではなく、『単純な価格競争に巻き込まれない』『当社独自の性能をスペックインしてもらう』事が重要となります。また営業の醍醐味は商品だけではなく『いかに自分を売り込んでいくか』であると考えております。その場限りではなく永く変わらない活動を行い、信頼を得ることに努めております。

これからの抱負

 日本の中心である東京エリアをまかされている今、大きな責任を背負っております。そのプレッシャーに負けることなく更なる飛躍が大切であると常日頃思っております。私は社会人生活においてまだ折り返し地点にも到達しておりません。周囲の環境の変化に対応し、しっかりした状況判断を行いながら先に行く相手を必ず追い越せるように進んでいきたいです。

shadow